Location.Accessロケーション・アクセス

東北の大地が育んできた、豊潤な自然を身近にする日々。

  • Image
    新甲子遊歩道(約6,900m/車11分)
  • Image
    台上道路(約6,310m/車10分)
  • Image
    元湯甲子温泉旅館「大黒屋」(約17km/車69分)
  • Image
    白河高原フィールドアーチェリーレンジ(約7,660m/車12分)
  • 四季折々の景勝に、心洗われる暮らし。

    那須連峰の雄大な稜線。渓谷を清らかに流れる阿武隈川やその支流。西郷村の魅力は、なんといってもこうした豊かな自然です。東北の大地が育んできた壮大で美しい景観は、本物の自然だけが持つ魅力に満ちあふれています。紅葉が美しい「新甲子遊歩道」や、約500本のソメイヨシノが春に見ごろを迎える「台上道路」など、四季の味わいをたっぷりと楽しめるスポットも豊富に揃っています。

  • 自然の宝庫は、レジャーの宝庫でもある。

    大自然に囲まれた西郷村は、森林浴やバードウォッチング、登山にキャンプと、まさにアウトドアレジャーの宝庫。陶芸体験、マス釣りなど家族で楽しめる施設も充実しています。豊富な湯量で知られ、日帰り入浴施設も多い甲子温泉・新甲子温泉も身近です。またゴルフもちろん、スキーやフィールドアスレチック、アーチェリーなど、大人から子どもまで家族全員で楽しめる様々なスポーツ施設が周辺に揃います。

奥の細道で知られる白河の関。古より続く歴史と伝統が息づく。

  • Image
    image photo

    名君、松平定信によって築造された
    日本最古といわれる公園「南湖公園」。

    武士も庶民も共に楽しむ場として、松平定信により1801年に築造された公園。国の史跡名勝となっています。

  • Image
    image photo

    幾多の歴史を見つめてきた
    名城「小峰城」。

    初代藩主、丹羽長秀が築城。戊辰戦争で落城しましたが、平成になり江戸時代の絵図を元に木造で復元されました。

伝統あるお祭りを始め、イベント・行事も盛んな白河・西郷。

  • Image

    西郷さくら祭り

    地元に密着した西郷村のお祭りです。ステージで催される様々な団体のライブや、多くの模擬店、フリーマーケットなどが楽しめます。桜の舞い散る下に多くの人が集います。

  • Image

    白河のだるま市

    JR白河駅前ほか市内に約700軒のだるまを販売する露店が並びます。眉毛は鶴、口髭は亀、顔の両側に松と梅、口の下に竹と、「鶴亀」「松竹梅」がだるまの顔に描かれています。

  • Image

    白河関祭り

    毎年8月上旬に開催される市民納涼花火大会です。小峰城がある城山公園から、5,000発を超える花火が打ち上げられます。昼間には伝統芸能フェスティバルも実施されます。

  • Image

    白河提灯まつり

    白河運動公園に近い鹿嶋神社に伝わる、日本三大提灯まつりに数えられる例祭。約400年前に現在の祭りの形態になり、提灯行列ほか、神輿、屋台、山車の引き回しなどが楽しめます。

主なイベント・行事

  • 2月

    白河だるま市

    4月

    西郷さくら祭り 白河桜まつり

     

    白河小峰城さくらまつり

  • 5月

    さわやか高原西の郷ゴルフ大会

    8月

    にしごう祭り 白河関祭り

    9月

    白河提灯まつり

  • 10月

    ツール・ド・しらかわ 収穫祭・そば祭り

    11月

    西郷村文化祭

     

     

※行事の実施の有無は年度により異なる場合があります。

西郷村では、“自然とまち”“人とひと”をつなぐ拠点づくりに取り組んでいます。

  • Image
    image photo
  • Image
    image photo
  • Image
    image photo
  • Image
    image photo
  • 生涯、住み続けたくなる西郷村であるために、
    賑わいと交流を育む拠点づくりが進んでいます。

    西郷村では平成29年に「⽣涯安⼼して暮らせるための拠点づくりプロジェクト」計画を策定。村役場を中心としたエリアにおいて、自然、ヒト、モノ、情報がつながる拠点づくりに取り組んでいます。高原公園都市の玄関口として、“にぎわい・元気”、“憩い・交流”、“利便性”、“安心安全”を実現し、人々に愛され、親しまれる拠点を目指しています。

  • Image
    まるごと西郷館
  • Image
  • Image
    出典:西郷村「生涯安心して暮らせるための拠点づくりプロジェクト計画」(2017年3月)

「首都圏に最も近い東北」ならではの交通利便性。

  • Image
    東京駅
  • Image
    仙台駅
Image Image Image Image
  • JR「新白河」駅から東北新幹線で80分。

    東京から東北に向かうとき、福島県に差し掛かってすぐのところに位置するのが西郷村です。東北新幹線なら、JR「新白河」駅とJR「東京」駅間が約80分、最短で70分という近さ。日帰りでもラクラク行き来ができる距離感です。またJR「仙台」駅にも約50分、JR「郡山」駅なら約11分という近さ。首都圏はもちろん、東北各地へのご旅行などにも便利な立地にあるのが西郷村です。

  • 東北自動車道で首都圏ほか各地へスムーズに。

    首都圏から東北に向かう際、「東北の玄関口」と呼ばれるポジションに位置する西郷村。発達した高速道路ネットワークにより、首都圏はもちろん東北各地へ車でのスムーズな移動が可能です。「一条リンクスヴィラ西郷」から約3.8kmに位置するのが「白河IC」。ここから東北自動車道を利用すれば、車での各地へのアクセスも自在です。東京には約2時間半、仙台へも約2時間で到着できます。

  • 福島空港にも高速道路で直結アクセス

    札幌や大阪(伊丹)への直行便がある、福島空港へ車でスムーズなアクセスが可能。「白河IC」から東北自動車道、あぶくま高原道路を経由して、所要時間はおよそ30分の道のりです。また空港の駐車場は約2,300台分が確保されており、無料で利用できます。

  • 首都圏ほか各地へ高速バスが運行。

    東北自動車道「西郷バスストップ」からは高速バスが利用できます。新宿駅や池袋駅には3時間前後の所要時間で、また郡山駅や福島駅にも一本でアクセスできる路線が運行しています。バスストップには無料駐車場があるので、ご自宅から車で便利に利用できます。

※掲載の所要時間は日中平常時(通勤時)の目安であり、時間帯により多少異なります。また、待ち時間・乗り換え時間を含みません。

※距離表示については地図上の概測距離を、車での分数については、時速40kmで走行した場合で換算したものです。所要時間は、時間帯・交通事情により異なる場合があります。